アプリMAU,DAU分析

ダウンロード後にARPDAUやリテンション率MAU, DAUはどう変化するのか。Prioridataはユーザー利用状況をも可視化。

ユーザー利用状況

● 400万を超えるアプリからデータを集計します。

● ベースとなる35億人のユニークなモバイルユーザーのデバイスデータを活用します。

ベンチマーク

● デイリーアクティブユーザー数(DAU)とダウンロード数をプロットして時系列に変化を分析します。

● アプリバージョンの変更がコホート・リテンションにどう影響しているかを調査します。

業界内最大級の規模

● 400万にのぼるアプリと35億のデバイスIDにより業界最大級のアプリ利用状況データの提供が可能。

● 全体的なマンスリーアクティブユーザー(MAU)とリテンションしきい値をもとにマーケットスクリーンを設定

アプリ利用者分析の重要性

DAU、MAU、リテンション分析(デイリー、ウィークリー、マンスリー)、ARPDAU(日別アクティブユーザー平均課金金額)から得られるアプリのパフォーマンス測定やウォッチリスト、カスタム市場は次の点からも大変重要です。

リテンション率

エンゲージされたユーザーを大事にしましょう。これらユーザーは1日2日で醸成されますか?高品質のトラフィックをプライオリデータで確認しましょう。

新機能の影響

新機能がユーザー受けするかどうかはダウンロードだけでは把握できません。ユーザーが長期に渡って維持されるか確認してからのアクションが必要です。

検証の深さ

 チャートやマーケットの変化は、ダウンロード数を見ているだけでは気づくことができません。リテンション分析も合わせて行うことが肝要です。

詳細な競合動向

長年の競争相手が上位に躍り出る、または新興勢が一気にトップチャートを駆け上がるかもしれません。後悔する前に早めに気づくことが最も重要です。

併用アプリ分析(開発中)

世界中何十億のデバイス利用状況のデータから市レベルでの位置情報や、アプリ間の所有データ、アフィニティデータなどを提供することができます。

01.

ユーザーベースでターゲット

競合他社のユーザーベースでターゲット化します。プライオリデータを利用すれば、どのタイプのユーザーが競合アプリのユーザーなのか把握できます。

02.

リーチをさらに拡大する

クロスアプリアフィニティを使用すれば、お気に入りのアプリを簡単に分析して、オーディエンスをセグメント化できます。新しいターゲットにすることができるのです。

03.

理想のターゲット層にアクセス

プライオリデータならカスタムオーディエンスを作成した後の、ターゲットユーザーへのリーチについてもサポート可能です。

※ この併用アプリ分析は現在開発中です。2019年Q3に提供開始予定です。

アプリDAU,MAU分析まとめ

35億にのぼるユニークなモバイルデバイスからイベントレベルのユーザー行動をトラッキング

ダウンロードからスタート

ダウンロードがカスタマージャーニーのスタート地点です。利用状況の可視化はそれがどこで終わるのかを理解させてくれます。

深いインサイトを提供

アプリ利用状況の分析は、違いを生み出すニュアンスの理解を私たちに提供してくれます。

主要6カ国をカバー

米国、日本、英国、ドイツ、オーストラリア、カナダの6カ国
(DAU、MAU、コホート分析、ARPDAU)